このページの本文へ移動します
Pacific News パシフィックニュース
国内外の医療・福祉・教育についての情報Webマガジン
白黒反転画面(音声環境向け)
パシフィックサプライHOME > パシフィックニュース > AAC(コミュニケーション) > コミュニケーションに困難さのある子どもへのテクノロジー活用④
コミュニケーションに困難さのある子どもへのテクノロジー活用④
AAC(コミュニケーション)
コミュニケーションに困難さのある子どもへのテクノロジー活用④
コミュニケーションに困難さのある子どもへのテクノロジー活用④
2017.05.15 福島 勇(福岡市立今津特別支援学校 教諭)
先日、ある講演の中で『世の中で一番難しいことは、人に伝えること』という言葉が忘れられません。その言葉のあとに、ふと福島先生の連載に登場する子どもたちのことを考えていました。テクノロジーを活用することでもっと伝えたいこと、出来ること、知る喜びが拡がっていくのかもしれません。今回もわくわくドキドキあふれる情報を惜しみなく発信いただきました。
パソコンを応用したコミュニケーションエイド

iPhoneやiPadに代表されるスマートフォンやタブレット端末といったスマートデバイスが登場する以前、コミュニケーションエイドとして主に使われていたのは、連載第2回で紹介したVOCAとパソコンでした。現在でもパソコンを応用したコミュニケーションエイドは多くの現場で活用されています。日本で最も多く使われているWindows OSのノートパソコンはディスプレイがタッチパネルに対応するなど、コミュニケーションエイドとして使いやすくなってきたと思います。

 

ディスプレイに触ったりマウスやキーボードに入力したりすることが困難な場合は、USBポートに接続するインターフェイス(例:変わる君 できマウス3A。 Hitch なんでもスイッチUSB)やBluetoothという無線で接続するインターフェイス(例:なんでもワイヤレス)に外付けスイッチをつないで利用する方法があります。パソコンで外付けスイッチを使うには、Windows OSやmac OSといったOSごとに準備されているアクセシビリティ機能を利用します。その特徴や設定方法については、テクノツール社の「てくのブログ」で詳しく紹介してありますので参考になさってください。
 

パソコンをコミュニケーションエイドとして利用するためにはソフトウェア(最近は「アプリ」と呼ばれることが多くなってきました)が必要です。Windowsパソコンのディスプレイに文字盤を表示しておき、その中から文字を選んで文章を綴って音声で読み上げるという機能をもったアプリとして、代表的なもの4種を以下に紹介しておきます。

①Hearty Ladder ②オペレートナビTT ③miyasuku EyeCon SW ④OriHime Eye

一方、音声を録音したシンボルや写真などをパソコン画面に表示しておき、それぞれをマウスクリックしたりタップしたりすることで音声を出力するためのVOCAアプリとしては、

⑤トーキングエイドカード版 ⑥たすくコミュニケーション がありますが、最近はMicrosoft社のPowerPointで作ることをオススメしています。

PowerPoint(通称パワポ)は、もともとプレゼンテーション用に開発されたアプリですが、画像や文字を画面に貼り付けたり音声を録音したりする機能があります。家電量販店などではPowerPointを含むOfficeアプリをバンドルしたWindowsパソコンが店頭に多数並んでいますし、学校のほとんどの校務用または児童生徒の学習用パソコンにはPowerPointがインストールされていますので、これを使わないテはありません。連載第3回で紹介したiDevices用VOCAアプリ【Sounding Board】や【vocaco】などで作るコンテンツはPowerPointを利用して作ることができるといっても過言ではありません。
詳しい作り方はhttps://www.microsoft.com/ja-jp/enable/ppt/idea.aspx で紹介されていますので参考になさってください。また、Microsoft社はWindows ストアで購入できる教育アプリを検索することができるサイトを公開しています。
https://www.microsoft.com/ja-jp/education/storeapps.aspx - result_top

「特別支援向け」というキーワードで検索すると、有償無償に関わらず106件ものアプリがヒットします(2017年4月時点)。VOCAアプリだけでなく、教育用に考案されたアプリが網羅されていますので、その中から子どもさんの学習に役立つアプリが見つかるかもしれませんのでチェックしてみてください。

目は口ほどにものを言う〜視線入力の利用

筋萎縮性側索硬化症(ALS:Amyotrophic Lateral Sclerosis)や脊髄性筋萎縮症(SMA:Spinal Muscular Atrophy)、進行性筋ジストロフィー症といった筋疾患の方々は次第に動かせる部位が少なくなり、外付スイッチの利用が難しくなる場合があります。そのような方々がパソコンを利用する上で、今、世界中で最も注目されているのは視線入力技術Eye Tracking technologyです。なかでもスウェーデンTobii Technology社の視線入力技術は年々進化を遂げ 視線入力意思伝達装置マイトビー1-15 が登場しています。さらに、視線入力装置本体の価格が下がり入手しやすくなりました。同社の技術を応用した同社が販売する最新の視線入力装置Tobii Eye Tracker 4Cは、USB2.0ポートをもつWindowsパソコンで作動する上に20,000円を切る価格で購入することができるようになっています。そこまでスペックにこだわらないのであれば、Windowsノートパソコンは40,000円前後から購入できますので、比較的ローコストで視線入力を利用したコミュニケーションエイドを入手することができるようになったように思います。その結果、ローコスト視線入力装置を利用したコミュニケーション支援が広がってきています。

視線入力でコミュニケーションするALS男性の動画

視線入力で学習するSMA女児の動画

特別支援学校における視線入力装置を利用したコミュニケーション学習(自立活動)の指導実践

PowerPointで作ったVOCAコンテンツを視線で入力

筆者もローコスト視線入力装置を利用したコミュニケーション支援に取り組んできましたが、パソコンの画面にHearty Ladderやmiyasuku EyeCon SWの文字盤を表示して「さぁ、文字を打ってごらん」と言ってうまくいった試しはありません。その要因の1つとして、対象者の目の位置と視線入力装置との位置や距離を正しく設定(キャリブレーションと言います)できていないこと、すなわち固定のまずさが挙げられます。さらに、対象者が「やってみたい」と意欲的になれるようなコンテンツが提供できていないことが挙げられます。その2つを解消するためのコツを視線入力研究の第一人者である島根大学総合理工学研究科の伊藤史人さんがまとめてくれています。http://www.poran.net/ito/eye_learning_app その中で、伊藤さんは「視線入力は固定が8割」「失敗させないようにゲーム遊びから始めること」の2点を強調されています。そして、固定方法の紹介と共に、失敗させないゲームアプリEyeMoT(http://www.poran.net/ito/research/eyemothttp://www.poran.net/ito/research/eyemot-3d)を開発され、無償で提供しておられます。さらに、それらの工夫をまとめた資料映像を公開してくださっていますので参考になさってください。https://www.youtube.com/watch?v=wMFtJqyb4Po

 

視線入力は、つまるところパソコンのマウスポインターを視線で動かすことに他なりません。パソコンをジ〜っと見つめていると、目が疲れて長い時間使えないという方もいらっしゃいます。顔を動かすことができるのであれば、その動かせる部位(例えば、おでこ、メガネのブリッジ)に反射シールを貼り付けて、赤外線で位置情報を読み取ってマウスポインターを移動させるというヘッドトラッキングシステムが使える可能性があります。

現在、Smart Nav4 とTracker Pro が入手可能ですが、前者はWindows PC用で、輸入代理店が取り扱いを中止しておりAmazonの在庫分しか購入できないようです。後者はWindows PCでもMac PCでも使えます。また、装置を使わずにノートパソコンの内蔵カメラを利用したヘッドトラッキングシステムもあります。使うにはコツが必要ですが、無料でダウンロードできるアプリですので、「とりあえずヘッドトラッキングを試してみたい」という方は試してみてください。 http://www.cameramouse.org/

④PowerPointで作ったVOCAコンテンツを視線で入力(動画)
PDF DOWNLOAD
関連記事
コミュニケーションに困難さのある子どもへのテクノロジー活用③
連載3 障害によるコミュニケーションに困難さのある子どもたちへのテクノロジー活用 ③
2017.02.15 福島 勇(福岡市立南福岡特別支援学校 教諭)
コミュニケーションに困難さのある子どもへのテクノロジー活用 ②
連載2 障害によるコミュニケーションに困難さのある子どもたちへのテクノロジー活用 ②
2016.11.15 福島 勇(福岡市立南福岡特別支援学校 教諭)
コミュニケーションに困難さのある子どもへのテクノロジー活用①
連載1障害によるコミュニケーションに困難さのある子どもたちへのテクノロジーの活用
2016.08.15 福島 勇  福岡市立南福岡特別支援学校 (教諭)
関連リンク
Copyright (C) by Pacific Supply Co.,Ltd. All Rights Reserved. コンテンツの無断使用・転載を禁じます。
パシフィックサプライ株式会社 〒574-0064 大阪府大東市御領1-12-1