検索

Close

検索したいキーワードを入力してサイト内検索をする

パシフィックニュース

VOCAとともに 夢叶えよう!連載1

AAC(コミュニケーション)

VOCAとともに 夢叶えよう!連載1

VOCAとともに 夢叶えよう!連載1

~伝えたいことは?できる事いっぱいあるよ~

圓井美貴子(徳島県肢体不自由児者父母の会連合会 会長)

2015/8/17

VOCA(コミュニケーション支援機器)を親しみ込めて『VOCAくん』と呼ぶ圓井様。
娘の陽子さんとの22年間の生活の中で、VOCAはいつもコミュニケーションツールとして、大切な役割を担ってきました。
支援機器をどう活かすのか・・・を飛び越えて、生活の中で如何にVOCA(支援機器)を楽しむか!の前向きな日常生活は、多くの可能性と期待に溢れています。
   ♪ Make It Happen !

はじめに

ここ1、2年、大人になった陽子ができることが無いかいろいろ考えていました。なぜか?というと、やっぱり社会人になったら、仕事をしたり社会に貢献しなきゃいけないと思ったからです。大学を4年で卒業した陽子の同級生は、この春から就職して社会人。だからこの年になったみんなにとって、社会の為に、あるいは誰かの為に頑張る事は当たり前のことだと思うのです。

さて、じゃあ陽子の場合は?・・・それを考える為に、陽子との22年間を振り返る必要もありました。思いついたことはいろいろありました。その中の1つが、陽子と一緒に、徳島で重い障がいのある子ども達の為のコミュニケーションセミナーをしたいということだったと言えます。

では、どうしてコミュニケーションセミナーをしたいと思ったの? 「VOCAで遊ぼう!」が徳島に来るまで、私がどんなこれまでを振り返ったの?そして、陽子の社会貢献?仕事?って?

 8月、9月のパシフィックニュースでは、そこに行き着く私の心の旅に、ちょっとご一緒してくださいね。
 

写真1 小学校入学お祝い会の日

やったね!VOCAくん!

陽子がまだ2歳の頃、私はちょっぴり腑に落ちないことがありました。「陽子は何が楽しいのかな?」「何がしたいのかな?」「やっぱり自分で何かしたいよね」・・・でも、どうやったらそれがわかる?できる?陽子はとっても愛おしく可愛かった!けど、それだけじゃダメだと思って、親として彼女が彼女らしく過ごす為にどうしたら良いのか探す毎日でした。そして、たった1つのスイッチに出会ったとき、「これだ!!」と思いました。(写真2)


 それから20年。シンプルテクノロジーやVOCAの活用を、いろんな場面で考えながら過ごしてきました。ここまでの陽子の人生の中でもいろんな曲面があって、そこでVOCAは目一杯生かされてきたのです。


「したいことを実現できるんだ。」ってことを1つ1つ、VOCAが裏付けてくれた気もします。☆VOCAさま☆と言いたいくらいだけれど、いつも陽子の車椅子にくっついていて、いざとなったら陽子を応援する君を、親しみを持ってVOCAくんと呼びましょう♪

 

写真2 ビッグスイッチで玩具を動かす

VOCAくんで楽しさ生み出せ!

「陽子ちゃん、ジャンケンしよや!」
「陽子ちゃん、スイッチ押してー!」
「陽子ちゃん、遊ぼ!」
「陽子ちゃんち、楽しい!」
「陽子ちゃん、すごいな!」
 (写真3)
 

どうにかこうにか地元小学校に入学して、友達との楽しい学校生活を支えたのも、我が家での放課後の遊び場を支えたのも、スイッチやVOCAくんだったと言っても過言ではありません。私も、いつだって子どもと一緒になってはしゃぎました。子ども達に期待されると、余計に「こんなの知らないだろ?!」という遊びテクの向上に熱心な母となったものです。支援機器を活用することだけでなく、子ども達に出すおやつ1つとっても、ウケをねらったり・・・どうやったら子どもが喜ぶ?どうやったら陽子に関心を持ってもらえる?どうやったら陽子が主役になれる?私の頭はいつだって、くるくる回る・・・くるくる・・くるくる・・・そうだーーーッ!いいこと思いついた!!って感じで。
 

楽しくって仕方ありません。VOCAくんの活用だけでなく、いろんな可能性を追求することが楽しくって。「陽子がこれしたら面白いんちゃう?」「こんなんどうよ!」「これ見たら、友達もビックリするぞ!」「こうしたら、陽子もできる!」・・・でも、みんな成功とは限りません。私の「これどう?」に審判を下すのは陽子であり、仲間達です。仲間達には、地域の学校の友達もあれば、支援学校に通う障がいのある仲間達も含まれます。私は、そんなたくさんの子ども達に育てられたようなものなのです。(写真4)

 

写真3 放課後自宅で、友達と楽器遊び

写真4 公園でシャボン玉遊び

VOCAくんは心を伝える

コミュニケーションは理屈で語るものでないですよね!自然にそこに存在するものだと思います。そこにはVOCAもあれば、サインもあるし、ジェスチャーもあれば、表情や声もあります。でも、絶対存在しなければならないのは「人」です!本当に、「人」って素晴らしい! 4コマ:心のバリアフリー「エレベーター編」
 

そうは言っても、陽子と私のここまでの人生の中でも、嬉しいことだけでなく苦しい事もいっぱいありました。VOCAくんを生かして「できる」を伝えていこうとしても、いろいろな辛いことを言われたり・・・
 

「本当に、この子の意志で、この機械をつかっているのですか?」
「お母さんが録音しているんでしょ?」
 

悔しくて、心の中で涙が流れました。なのに、自信を持って言い返す事ができなかった私もそこにいました。その時は、我慢してでも、陽子を信じて進もうと思いました。何故なら、陽子はどんなときも変わらず、穏やかに微笑んでくれ、時には妙に冷静で真剣なまなざしを見せてくれたからです。 4コマ:笑顔の癒し系
 

 でもやっぱり、人って捨てたもんじゃない!したいことを諦めずに思いを伝え続けたら、わかってくれる人は必ずいる!中学校のとき、陽子の友達は作文に書いてくれていました。
 

「陽子ちゃんは、機械を使って自分の気持ちを伝えてくれます。」
「あなたに会えて本当によかった。」

 



☆挿入の4コママンガは、定期的に発行している「Yokoのおしゃべり広場」に載せている「Yokoの笑顔日和」からの抜粋。陽子の親友ほっちゃんが描いてくれています。

4コマ:心のバリアフリー「エレベーター編」

4コマ:笑顔の癒し系

写真5 仲良し3人組 上から、まなみん、ほっちゃん、陽子さん

認め合える瞬間。そして広がり

友達や地域の仲間・・・互いを認め合える瞬間を、VOCAくんはちゃんと提供してくれていたのです。たとえ一人でも、陽子の「できる」を理解する人がいることはとても大切な事で、必ずその輪は広がっていきます。あるがままを地道に伝えていく事で、そう思える人達をいっぱい作りたい!それが陽子と私の願いです。(写真6)
 
 こうして、私達がしたいことをするために、何を思い、誰と感じ合い、どうカタチにしてきたのか?そしてそこにVOCAくんが、どう生かされてきたのかを、いろんな人達に知ってもらいたい・・・そして、地域の重い障がいのある子ども達の喜びや達成感に繋がるコミュニケーションについて、家族や回りの人達ができる事をあらためて考えるきっかけをつくれたらな!と思いました。

 「VOCAで遊ぼう!」を地域に呼び込んだコミュニケーションセミナーは、そんな気持ちから、陽子のコミュニケーション支援について小さい頃から教えてくれた宮崎先生と、徳島で一緒にいろんな活動をしている障がいのある子ども達のグループのみんなと企画したのです。

 

写真6 郵便局で買い物

VOCAくんとこれからの私達

人生の中に上手く取り込む道具の活用こそ、その道具が生かされる道だと思います。と同時に、その生かし方の発想を生み出す心を持ち続けたいです。

徳島で初めて行ったコミュニケーションセミナーは、これからも私達の人生の楽しさを伝え、VOCAくんを生かす意味をいろんな人達に伝えていきたいと、さらに強く感じる機会となりました。何故なら嬉しいことに、セミナーでの陽子と私の事例報告に、会場の皆さんがとても真剣に耳を傾けてくださったからです。さらに嬉しかった事は、そんな私達の願いにパシフィックサプライの皆さんが共感し、陽子と私の新たな役割と挑戦の機会をくださり、新たな価値の創造に取り組んでくださっている事です。

私達は、松浦さんはじめパシフィックサプライの皆さんと前向きな心を共有しながら、また大きな一歩をしっかりと踏み出したいと思っています。勿論、まだまだ学ぶ事もいっぱい!この歩みを通して出会った皆さんと、「新しい明日」を一緒に築いていけたら最高だな!と思っています。(写真7)
 

 私は、陽子や友達、地域の方々などいろんな人から、「何が楽しい?何が大事?諦めないで!」と問いかけられ、励まされながら今日まで生きてきた気がします。誰だって、したい事を諦めたくない!それって、当たり前ですよね!重い障がいのある陽子も心通じるたくさんの友達を作って、苦しかったり楽しかったりしながら目標に向かって挑戦し続けて大人になってきたし、これからだってそうです。だから、同じように、どんなに重い障がいのある人も、生き甲斐をみつけ、社会の役割を担えるってことをたくさんの人に感じてもらいたいし、考えてもらいたいなぁと思います。視点をかえれば、できることはいっぱいあると思うのです!

 9月のパシフィックニュースでは、VOCAくんとともに、今の陽子の人生がどんな風にワクワクドキドキ展開されているかをご紹介しながら、コミュニケーションの大事さと、モノの魅力、ヒトの魅力をもっと深められたらと思います!(写真8)

写真7 VOCAで遊ぼう!in 徳島

写真8 陽子様&美貴子様(執筆者)

関連情報