検索

Close

検索したいキーワードを入力してサイト内検索をする

トピックス

国際福祉機器展 H.C.R2019に出展いたします

学会・展示会・講習会

国際福祉機器展 H.C.R2019に出展いたします

国際福祉機器展 H.C.R2019に出展いたします

*写真は昨年度の展示風景

2019-06-19

パシフィックサプライは今年も国際福祉機器展に出展いたします

【日程】2019年9月25日(水)~27日(金)10:00~17:30 *最終日のみ16:00まで

【場所】東京ビッグサイト 西ホール W1-016

見通しの良いブースで機器を積極的に体験頂けるような構成にしております。

展示メーカー

【エタック】
エタック社は、スウェーデンに本社のある移乗用具、床走行リフトの開発、製造を行っているメーカーです。

【エーブルネット】
エーブルネット社は、アメリカにあるコミュニケーション機器のメーカーです。製品を販売するのみでなく、機器を利用することでどのような効果があるのかを提案しています。

【ラッサル】
ラッサル社は姿勢保持用クッションを製造しているデンマークのメーカーです。ユーザーに快適な姿勢を保ち、サポートをするために作られています。

【グルドマン】
グルドマン社は、1980年にデンマークで創設され、世界7カ国に支社があるメーカーです。障がいのある方やその介助の方の生活がより快適になるスロープ等の開発・製造を行っています。


 





 

その他の出展情報

【出展社プレゼンテーション】
 

 「頸損女子の進学・就労のリアル」

9月27日(金)10:30-11:30 
 ☆会場:D会場(東京ビッグサイト)
 ☆費用:無料
 ☆申込:不要(当日会場までお越しください)
 ☆定員:20名

 12歳の時に頸髄を損傷し、車椅子ユーザーになった彼女が27歳になった今、それまで通っていた中学校への復学から、高校・大学・大学院への進学。そして、今、パシフィックサプライという会社で働くことでの可能性を彼女自身がお伝えします。
 障害があっても、何かにチャレンジしようとしている方をきっと後押ししてくれることでしょう。また、特別支援学校で進路担当をされている先生方にも何かのヒントになることと思います。
 この機会に、ぜひご来場ください。





【24時間生活支援 相談会開催!】

 肢体不自由がある方にとって、自宅で過ごすことも、施設で過ごすことも、「地域で自分らしく生活すること」に変わりはありません。
 そのためには、より良い身体状況を長く維持し、生活しやすい環境を提供することを目指したいところです。しかし、実際はどうでしょうか?
 年々身体が硬くなってきている、今まで出来ていたことが出来なくなってきた、または今までよりも時間が掛かるようになってきた。そんなことはありませんか?
 特に重力の影響を受けやすい、肢体不自由者にとって重力に抗う力、重力をうまく利用する方法を獲得することで、柔らかい身体作り・動きやすい身体を維持することを目指しましょう。
 そのための姿勢作り、支援員の関わり方について、ご提案いたします。ぜひ、姿勢を切り口にした生活支援を一緒に考えてみましょう。

 今回は特別にH.C.R.会場ブース内におきまして、相談コーナーを設けましたので、この機会にお立ち寄りください。また、時間が限られておりますので、事前予約をお奨めいたします。
 ご予約はこちらのページ
アクセスしていただき、申込みフォームに必要事項を記入してください。お申込みいただきましたら、弊社担当者より折り返しご連絡差し上げます。
 

関連情報