このページの本文へ移動します
Pacific News パシフィックニュース
国内外の医療・福祉・教育についての情報Webマガジン
白黒反転画面(音声環境向け)
パシフィックサプライHOME > パシフィックニュース > 車椅子/姿勢保持 > JICA『世界の笑顔のために』プログラム活動への参加①
JICA『世界の笑顔のために』プログラム活動への参加①
車椅子/姿勢保持
JICA『世界の笑顔のために』プログラム活動への参加①
~始まりは1通のメールだった~
2017.07.03 パシフィックサプライ(株)事業開発本部 杉本昌子
先般、ガーナに駐在する海外青年協力隊(JICA)からの依頼で、パシフィックサプライ㈱が車椅子を寄贈させていただきました。1通のメールが弊社スタッフの心を動かし、発展途上国に住む子どもたちの笑顔につながりました。
すべては子どもたちの笑顔のために

始まりは、弊社お問合せアドレスに入った1通のメールからでした。「不要になった子ども用の車椅子を提供してもらえないか?」という内容でした。今思うと自分でも分からないのですが、その時に何か心が動くものというか、突き動かされる感覚で思わず返信メールを送ったことがきっかけでした。聞いてみると、大人用の車椅子は多数送られてくるけれど、子ども用の車椅子が不足していて、子どもたちが自由に動き回る機会を得られない状況になっているとのこと。それはもうジッとしていられません。課題はたくさんありました。

 

1.弊社は車椅子のメーカーではなく、海外メーカーからの輸入品であってもよいのか
2.新品での提供は出来ないが、問題ないか
3.海外メーカーの理解が得られるか
4.社内の理解が得られるか
 

考えると色々ありました。やっぱり無理かな・・・と諦めかけたこともありました。ですが、そんな時に気持ちを動かしてくれたのが、遠い海外で頑張っておられる派遣スタッフの活躍する姿でした。インターネットの環境も日本ほど整っておらず、メールですぐにやり取りできる環境ではありません。そんな中でも強い信念のもと、対応してくださり、懸念していた課題も一つひとつ解決することができました。
 

約1年のやり取りを通して、無事に車椅子が現地に届いたと一報いただいた時には、安堵と喜びと、満足感に包まれました。しかもそれで終わりではなく、届いた車椅子を子どもたちに適切にフィッティングされた様子を報告していただきました。車椅子に乗っている子どもたちの姿を見て、何物にも代えがたい感動と感謝の気持ちでいっぱいになり、子どもたちの笑顔から私たちも笑顔になることができました。
 

自分ひとりでできることは限られているかもしれません。そんなの無理って思うことも多くあると思います。ですが、同じ目的を持った仲間と一緒なら、きっと成し遂げることができるはずです。自分が関わった車椅子を使って、遠い世界のどこかで子どもたちが自由に動き回り、周りの環境を動かすことができて、色々な経験をすることができているのだと思うと、心の中のワクワク感や感動は特別なものとして、私の心の中に居続けてくれるように思います。
 

日本でも、子どもたちの移動手段を変えるだけで、自分の意思で自由に動き回ることができます。それをキッカケにして周りの環境を変えることができて、多くの人と出会い、たくさんの経験をして、素敵な大人になってくれる、そんな社会を作ることができるのではないかと思っています。自分一人では出来ないことも、同じ目的の仲間が集まって課題を共有して、一緒に進むことができたなら、きっと新しい世界がその先には拡がっていることでしょう。私たちもその中でお手伝いできれば、こんなに嬉しいことはありません。

パシフィックサプライ(株)事業開発本部 杉本昌子

GHANAに車いすが届きました!!(JICAからの手紙)

【原文掲載】 青年海外協力隊 理学療法士・柴田沙希さん

----------------------------------------------------

この度は小児用の車椅子を寄付して頂き本当にありがとうございました。初めまして、私は青年海外協力隊 平成27年度2次隊として 西アフリカ、ガーナのイースタン州で理学療法士として活動しています柴田沙希と申します。私の配属先はORTHOPEDIC TRAINING CENTER(義肢装具リハビリセンター)というところでローマンカトリック教会によって建てられたNGO施設です。




創設者はオランダ人、現在の施設長はアメリカ人が管理していることもありガーナ国内の他のセンターと比較すると経営面や寄付等が管理されているほうだと思います。しかしそれでも小児用の車椅子はかなり手に入りづらく、海外NGO等に呼びかけましたが手に入らず今回世界の笑顔プロジェクトに応募させて頂きました。そのような経緯もあり所属長はじめとしたスタッフ、入院の子供たちも大変喜んでおります。簡単ではありますが当センターの取り組みや患者さんの状況、車椅子の使用状況について紹介させて頂きます。

寄付して頂いた車いすと当施設に入院している子供達
寄付して頂いた車いすと当施設に入院している子供達
PDF DOWNLOAD
関連記事
24時間姿勢管理の提案~生活改善を目的として~
24時間姿勢管理の提案~生活改善を目的として~
2014.11.15 パシフィックサプライ(株)事業開発本部 杉本昌子(シーティングエンジニア)
車いすで広げよう イベント紹介
2014.01.01 パシフィックサプライ株式会社 卸事業本部営業部東京営業所 戸室 浩司
車椅子いす整備士による『車椅子プロメンテナンス』
車いす安全整備士による『車椅子プロメンテナンスについて』
2015.06.01 川村義肢株式会社製造本部車椅子・姿勢保持課/車いす安全整備士 大西弘
関連リンク
Copyright (C) by Pacific Supply Co.,Ltd. All Rights Reserved. コンテンツの無断使用・転載を禁じます。
パシフィックサプライ株式会社 〒574-0064 大阪府大東市御領1-12-1