このページの本文へ移動します
Pacific News パシフィックニュース
国内外の医療・福祉・教育についての情報Webマガジン
白黒反転画面(音声環境向け)
パシフィックサプライHOME > パシフィックニュース > 装具 > T-Support使用による脳卒中片麻痺患者へのアプローチ②
T-Support使用による脳卒中片麻痺患者へのアプローチ②
装具
T-Support使用による脳卒中片麻痺患者へのアプローチ②
~私たちは患者様の歩行能力を限界まで引き上げることができているでしょうか~
2017.06.15 中谷 知生(医療法人尚和会宝塚リハビリテーション病院・理学療法士)
前回好評の『T-Support使用による脳卒中片麻痺患者へのアプローチ』2回目をお届けいたします。脳卒中片麻痺者の歩行能力を向上させるためのトレーニング理論を中心に解説は進んでいきます。その中でT-Supportの果たす役割とは・・・。
私たちは患者様の歩行能力を限界まで引き上げることができているでしょうか?

私は回復期病棟に入院中の脳卒中患者様の新しい歩行トレーニング法の開発に携わっており、現在最も興味のあることは、どうすれば下肢装具をより上手く使いこなし、治療効果を高めることができるのか、ということです。

 

近年、脳卒中片麻痺者の歩行トレーニングでは、より早期から適切な装具を用いることの重要性が認識されるようになりました。しかしその装具を使いこなす理学療法士が、治療用道具としての下肢装具の可能性、あるいは装具を装用した患者様の身体機能を限界まで引き出せているでしょうか?残念ながら多くの医療機関において、治療用の下肢装具が適切に使用されず、結果的に患者様の身体機能を最大限引き出せていない現状があると思います。

 

そこで第2回では、装具療法の治療効果を高めるために、現在私が歩行トレーニングにおいて重視しているいくつかの理論について簡単にまとめてみます。

脳卒中片麻痺者の歩行能力を向上させるために重視すべきポイントは

ヒトが歩くためには、歩行動作を成立させるための『神経機構』と、それに対応する『効果器』が必要です。このどちらが欠けても、歩くという行為は成立しないわけですから、これは車の両輪のようなもので、どちらが大事と断言することはできません。

 

では、歩行能力を向上させるための限られたトレーニング時間のなかで我々はどの部分を重視すべきでしょうか?   ⇒ 右動画参照(https://youtu.be/m14J1_pPyEs)

この動画は名古屋工業大学の佐野先生が研究している、受動歩行ロボットというものです。受動歩行ロボットとは、制御システムや駆動装置を一切持たないロボットのことで、ヒトの歩行で例えるならば、神経機構を持たないけれども効果器だけで歩いている、という状態と言えます。近年の研究で、この歩行様式がヒトの歩行様式ととても良く似ている、ということがわかってきました。
 

ヒトの歩行に関する研究では、最終的にみられる効果器の運動は、必ずしも神経機構による制御がなくても可能である1)ことがわかっており、このことから私は、効果器、つまり筋・腱・骨などの使い方を工夫すれば、相当重度の運動麻痺があっても、片麻痺患者さんの歩行能力はもっと高いレベルを目指すことができると考えています。


 

受動歩行ロボット ブルーバイペット(動画)
PDF DOWNLOAD
関連記事
T-Support使用による脳卒中片麻痺患者へのアプローチ①
~T-Supportのアイデアが私に降りてきたあの日のことは今も忘れない~
2017.03.15 中谷 知生(医療法人尚和会宝塚リハビリテーション病院・理学療法士)
義肢装具SIG第12回講習会に参加して
地域と義肢装具 ~高齢者リハを中心に~
2016.12.01 加賀野井博美(医療法人恕泉会内田脳神経外科 リハビリテーション部・理学療法士)
脳血管障害への下肢装具カンファレンス2016
第4回みちのくカンファレンスin山形 参加報告 ~秋はみちのくめぐり~
2016.11.01 安倍恭子 (理学療法士・山形済生病院リハビリテーションセンター)    
関連リンク
Copyright (C) by Pacific Supply Co.,Ltd. All Rights Reserved. コンテンツの無断使用・転載を禁じます。
パシフィックサプライ株式会社 〒574-0064 大阪府大東市御領1-12-1