検索

Close

検索したいキーワードを入力してサイト内検索をする

パシフィックニュース

クリック募金

クリック募金は、読者の皆様とパシフィックニュースの社会貢献です。

あなたが関心を持たれまたは応援したい団体へクリックすると、1円をパシフィックサプライ株式会社より下記団体へ寄付をさせていただきます。寄付先団体はあなたがお選びください。継続的にパシフィックニュースをお読みいただくことで、社会貢献の輪が広まることを私たちは期待しています。

  • ※クリック回数は、各団体ごと1日/1回とさせていただきます。
  • ※各団体の寄付は、1団体:最大120,000円/年までとさせていただきます。
  • ※送金金額は、当社運営サイトが合計し、6ヶ月に1度公開させていただきます。

第17回クリック募金公開のお知らせ

第17回(2023年5月21日~2023年11月20日)クリック募金の総額をご報告させていただきます。
クリック募金にご賛同いただきました全ての皆さまに厚く御礼を申し上げます。
これからもご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

団体様名
第17回クリック数 第17回寄付金額 クリック累計 寄付総額
国連 UNHCR 協会
62,809 62,809円 154,617 154,617円
認定NPO法人フローレンス
62,079 62,079円 314,967 302,079円
女性義足ユーザーコミュニティNPO法人ハイヒール・フラミンゴ
61,529 61,529円 318,832 301,529円
社会福祉法人日本介助犬協会
63,135 63,135円 639,735 630,725円
大東市障害者自立ネットワーク
60,841 60,841円 577,076 573,424円

令和6年能登半島地震災害義援金(石川県、富山県、新潟県)

日本赤十字社では、令和6年能登半島地震災害による義援金を受け付けております。皆さま方からお寄せいただきました義援金は、被災地の方々の生活を支援するため、被災都道府県が設置する義援金配分委員会へ全額をお送りします。

画像:令和6年能登半島地震災害義援金(石川県、富山県、新潟県)

国連 UNHCR 協会

UNHCR(ユーエヌエイチシーアール)は、国連難民高等弁務官事務所 (United Nations High Commissioner for Refugees)の略称で、1950 年に設立された国連機関の一つです。 紛争や迫害により故郷を追われた難民・避難民を国際的に保護・支援し、難民問題の解決へ向けた活動を行っています。また、国連UNHCR協会は、U N H C Rの活動を支える日本の公式支援窓口です。UNHCRの活動資金は、各国政府からの任意の拠出金ならびに民間からの寄付金に支えられていますが、もっと広く民間からも支えていこうという機運が世界的に高まり、日本では2000年10月に、民間の公式支援窓口として、特定非営利活動法人 国連UNHCR協会が設立されました。

画像:国連 UNHCR 協会

認定NPO法人フローレンス

「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」の実現を目指し、「訪問型病児保育事業」「障害児保育事業」「認可保育事業」「赤ちゃん縁組事業」「こども宅食事業」などを通じ、子育てと育児の両立を支援するほか、子どもの貧困、虐待問題などの子育てを取り巻く環境への政策提言も含めたソーシャルアクションにも取り組んでいます。

画像:認定NPO法人フローレンス

女性義足ユーザーコミュニティNPO法人ハイヒール・フラミンゴ

NPO法人 ハイヒール・フラミンゴは、女性義足ユーザーの思いや悩み、情報を共有するため、日本で初めて生まれた義足の女性のためのコミュニティです。
「義足になっても自分らしく、行けるところではなく、行きたい場所へ行ける」
そのような社会の実現を目指し、楽しく、前向きに活動しています。

画像:女性義足ユーザーコミュニティNPO法人ハイヒール・フラミンゴ

社会福祉法人 日本介助犬協会

介助犬とは、手や足に障害のある方の日常生活の手助けをするために特別な訓練を積んだ犬のことです。しかし、日本での現状は、実働数が58頭(2022年4月1日現在)と必要とされている方が15,000人と言われているのに対してかなり不足しています。一人でも多くの使用者の自立と社会参加のため、介助犬の訓練と普及に励んでいます。

画像:社会福祉法人 日本介助犬協会

大東市障害者自立ネットワーク

KAWAMURAグループ(川村義肢株式会社・パシフィックサプライ株式会社)の所在地・大阪府大東市に『大東市障害者自立ネットワーク』があります。

毎年、障害者アート展を開催したり、福゜ぷく(pukupuku)Cafeをオープンする等、障害者の自立と社会参加促進を図るための活動を行っています。大東市は“地域リハビリテーション発祥の地”!その風土のなかで新たな障害福祉サービス事業所のネットワークが動き出しています。皆さまのエールをお願いいたします。

画像:大東市障害者自立ネットワーク