オズール[Ossur]

このWEBサイトは、オズール社義肢部品 日本総代理店の
パシフィックサプライ株式会社が運営しております。

i-limb

i-limb(アイリム)はi-moテクノロジーを搭載した筋電義手のハンドです。
グリップパターンは最大36種類あり、生活や仕事の各場面に合わせたグリップが可能です。
簡単なジェスチャーでグリップの変更ができます。(i-limb quantumのみ)

特徴

五指独立の動き
五本の指が、それぞれにモーターを内蔵しています。物の形にそって持つことで、しっかりとつかむことができます。
親指の内外転
親指の位置が変わることで、紙や皿、フォークやナイフなどを、自然な姿勢で持つことができます。
親指はモーターと手動の両方で位置を調整できるよう作られており、物の大きさに合わせることで、安定して保持することができます。
自動つかみ(落下防止機能)
一旦物をつかんだ後、ずっと閉じるシグナルを出し続ける必要はありません。
どちらのシグナルも出さない状態であれば、i-limbはつかんだ状態を維持します。
最大36種類のグリップパターン
つかむ物の形や大きさに合わせて、最大36種類のグリップから、最適なものを選ぶことができます。
グリップの選択は、ジェスチャー、筋、アプリ、グリップチップの4つの方法からアクセスすることができます。
バリグリップ
一旦物をつかんだ後、さらに閉じるシグナルを出すことで、グリップ力を強めることができます。
タッチパネル対応
人差し指の加工により、タッチパネルを使用することができます。
※グローブは、i-limbスキンアクティブTSをご使用ください。
i-limb quantum i-limb ultra
比例制御
拇指回転 自動、手動 手動
ジェスチャーコントロール ×
アプリコントロール
筋コントロール
グリップチップ
グリップ数 24種類 14種類
カスタムグリップ数 12種類 ×
Speed & strength boost
バリグリップ
ナチュラルハンドモード
オートグラスプ
ヘルスチェック
サイズ XS,S,M,L XS,S,M,L

グリップ

グリップは、それぞれの指の位置や、動き方を定義しています。
様々なタスクに対し、使いやすいグリップを選ぶことで、より高い精度でタスクを行うことができます。
グリップには、4種類のコントロール方法からアクセスします。

グリップの一例

  • 精密ピンチ(開いたピンチ)
    親指、中指、薬指、小指は固定されており、筋電のシグナルでは人差し指のみが動作します。ボールペンや、消しゴム、小さなネジなど、細かいものを持つ際に便利です。
  • ラテラルグリップ
    親指のみが外転位で動作し、その他の指は握りこんだ状態で固定されています。紙やお皿、CD、カードなど平たいものをつかむのに適しています。
  • 精密ピンチ(閉じたピンチ)
    精密ピンチ(閉じたピンチ)
    親指、中指、薬指、小指は固定されており、筋電のシグナルでは人差し指のみが動作します。ボールペンや、消しゴム、小さなネジなど、細かいものを持つ際に便利です。
  • 握手
    握手
    握手に適切な開いたポジションを作ります。このモードでは、指のコントロールは随意閉じ式となっています。閉じるシグナルで手を握り、閉じるシグナルを止めると、自動的に手が開きます。開くシグナルを出す必要はありません。
  • マウス
    マウス
    コンピューターのマウスを使用するのに適したグリップです。筋電のシグナルでは人差し指のみが動き、マウスのクリックが可能となります。
  • 指差し
    指差し
    ボタンを押したり、キーボードをタイピングする際に使用します。
  • 親指固定の3指つまみ
    親指固定の3指つまみ
    3点つまみによって細いものを安定して持つことができます。練習を重ねることで、字を書くことも可能になります。
  • カスタムグリップ
    カスタムグリップ
    仕事や趣味など特定の道具を使用したいとき、ご自由に指の位置や動く指を設定することができます。

コントロール

  • ジェスチャーコントロール
    i-moテクノロジーにより、i-limbを前後左右へ動かすことで自動的にグリップを変更できます。各方向にそれぞれ特定のグリップを登録しておくことで簡単にグリップを変更できます。グリップの登録はアプリで簡単に変更可能です。
  • 筋によるコントロール
    筋の同時収縮、ダブルインパルス、トリプルインパルスによって、グリップを変更することができます。
  • アプリによるコントロール
    アプリには初期に設定されている24種類のグリップに加え、12種類のグリップを新たに登録することができます。
    グリップを組み合わせることで、日々の生活・活動での多様な動きを実現します。様々なモバイル端末でクイックグリップを使用することができます。
    アプリ上では簡単なスライダーバーを使用して、駆動速度を変更することもできます。
  • 近接コントロール
    グリップチップはBluetoothを搭載した小さなチップです。
    グリップチップに特定のグリップを登録し、机などに設置します。グリップチップにi-limbを近づけることで、自動的にグリップを変更することができます。(現在日本では取り扱いしておりません。)


情報

トレーニング方法動画のご案内

i-limbカンタムトレーニングモジュールではトレーニング方法の動画をご覧いただけます。

>>i-limbカンタムトレーニングモジュール はこちら



i-limbの保証及び他社製品との互換性について




i-limb

現在、製品について重要なお知らせはございません。



オズール[Ossur]

pagetop