検索

Close

検索したいキーワードを入力してサイト内検索をする

教育セミナー

2017/12/19更新

セミナー

【3月24日東京】第7回脳血管障害への下肢装具カンファレンス2018東京

2月17日開催のカンファレンスとは別内容になります。

概要

3月24日 東京会場 聴講参加申し込み

開催日2018年03月24日(土)
申込締切日2018年03月18日(日)
会場TKP東京駅大手町カンファレンスセンター [map]
プログラム10:30~11:00 受付

11:00~12:00 基調講演1
急性期から生活期に至る 脳卒中リハビリテーションの
新しいパラダイム及びその評価と治療の実際
講師:医療法人社団敬仁会 桔梗ヶ原病院 原寛美 先生


12:00~12:20 休憩 ランチョン弁当配布

12:20~13:20 基調講演2
片麻痺患者に対する下肢装具療法
講師:関西医科大学付属病院 長谷公隆 先生


13:20~13:30 休憩

13:30~14:50 演題発表
発表順の掲載ではありません。

「GS-KAFOの床反力解析からみた下肢装具適応の手がかり」
京丹後市立弥栄病院リハビリテーション科

「生活期リハビリテーションの継続により、装具簡易化が可能となった脳卒中片麻痺者への介入経験」
初台リハビリテーション病院

「片麻痺患者の実用的な前型歩行獲得に向けた段階的な歩行練習」
千里中央病院

「生活期における装具のフォローアップについて -ケアマネジャーと連携した取り組み」
株式会社P.O.ラボ

「脳卒中症例に対する長下肢装具の足継手の違いが歩行時の麻痺側荷重応答期に与える影響」
医療法人 健育会 ねりま健育会病院

「当院、急性期脳卒中患者に対する長下肢装具の処方の現状」
(公財)東京都保健医療公社 荏原病院

「脳卒中片麻痺患者の歩行介助の違いによる下腿三頭筋筋活動の変化」
宝塚リハビリテーション病院

14:50~15:00 休憩

15:00~16:45 シンポジウム
【テーマ】
脳血管疾患への下肢装具 UP to DATE 
~最新の研究、最新の臨床~

【シンポジストによる口演】

装具療法を中心とした1st Stageの脳卒中理学療法
荏原病院 高橋忠志 先生

回復期片麻痺者のKAFOカットダウン後の理学療法
~短下肢装具の選定と治療介入~
ねりま健育会病院 田中惣治 先生

生活期における下肢装具の情報共有と連携
~装具活用とメンテナンスは誰がやるのか?~
花はたリハビリテーション病院 中村学 先生


終了
受講費用(税込)医療従事者(医師、理学療法士、作業療法士、義肢装具士等) :7500円
ご案内PDF下肢カン2018_東京.pdf(1.31 MB)

お申込み

下記のフォームに必要事項を入力の上、お申込みください。

申込対象・定員必須


備考

特記事項や、当セミナーを受講しようと思ったきっかけなどご記入ください。

お支払い方法

お客様の個人情報の取扱いについてに同意する