このページの本文へ移動します
Pacific News パシフィックニュース
国内外の医療・福祉・教育についての情報Webマガジン
白黒反転画面(音声環境向け)
Make a good run and good Life
義肢
Make a good run and good Life
~1本のスポーツ義足が私の人生を変えてくれた~
2016.12.15 松本  功 (BLADE RUNNER・義足ユーザー)
2016年12月11日ホノルルマラソンを完走した義足ランナー松本功さま。スポーツ義足との出会いからフルマラソンを走るようになるまでの日々を詳細に綴っていただきました。 Congratulations!! You gave us hope.
スポーツと無縁の約40年間


9才で切断、50才まで運動と無縁だったメタボ義足ユーザーがフルマラソンを走れるようになった理由!?
その答えは、右の写真の通りです。

まさに、1人の義肢装具士さんとの出会いと1本の義足で私の人生は変わりました。それも50才から。スポーツと無縁の約40年間。もともとかけっこは速い子供でしたが、9才で肉腫により右下腿切断し義足生活が始まると運動しない生活へと変わっていきました。   

当時義足でスポーツという発想もなく、小学校では体育授業はすべて見学。危険だという事で運動をさせてくれませんでした。ほとんどの体育授業は見学でしたが、普通に友達と遊び回り少しは走れる様にもなりました。よけいな事をくよくよ考えない子供の順応性の高さという事でしょうか。ですが本格的にスポーツに打ち込むには至りませんでした。そのまま社会人になると、仕事中心の生活で運動不足は続き、当然のようにメタボ体型まっしぐらです!

しかし、愛読していた雑誌は「ターザン」
ずっと、健康な身体やスポーツマン体型に憧れてはいました。

まずはジョギングして痩せたい!
痩せたい一心で走ってみますが5分もしないうちに断端がこすれてキズができます。切断して以来履いていたのはPTB式ソケットでカフベルト懸垂の義足でした。スポーツする事を前提には作られていません。やはり無理か!と断念します。これ以後も何度かトライしましたがやはり同じ結果でした。
 

筋トレを始めても三日坊主。
仕事で疲れると、呑むは、食べるは、寝るは、もう最悪です!
 

こんな日々を送っているうちに身体はどんどん膨らんでいきました。20代後半からお腹が膨らみ始め気がつくと40代では立派なメタボ体型が出来上がっていました。身長172cm、体重74kg 数字だけみるとそうでもないのですが、筋肉はなく脂肪だけでできているような身体でした。この頃、よく面白がってせり出したお腹を突き出した写真をよく撮っては家族に笑われていました。

そんな40代後半、その後の人生を変えるキッカケとなるお話が舞い込んできました。

 メタボ×スポーツ義足=マラソンランナー
 メタボ×スポーツ義足=マラソンランナー
2007年下腿義足モデルを始める

義肢装具士養成学校で下腿義足のモデル募集!

学生さん達が実際に義足を製作する授業でモデルをさせていただく事になったのです。これまで、義足ユーザーの方との交流はほとんどなく、義肢装具業界の情報もほとんど知る事はなかったので、他のモデルさん達とお会いする事ができていろいろと情報を得る事ができました。モデルさんの中には野球をされている方、元陸上選手、元パラリンピック選手などスポーツをされている方もおられました。

 

しばらく忘れていた「ジョギングしたい」という気持ちがまた湧いてきました。

PDF DOWNLOAD
関連記事
走ることをあきらめない!フレックスラン・レンタル
2013.04.01 パシフィックサプライ株式会社 東京営業所 米澤 靖人
ランニングチャレンジ  事業紹介
~ランチャレ!! 歩き方、走り方講習会~
2013.10.01 パシフィックサプライ株式会社 グループ推進課 佐々木 崇
関連リンク
Copyright (C) by Pacific Supply Co.,Ltd. All Rights Reserved. コンテンツの無断使用・転載を禁じます。
パシフィックサプライ株式会社 〒574-0064 大阪府大東市御領1-12-1