このページの本文へ移動します
Pacific News パシフィックニュース
国内外の医療・福祉・教育についての情報Webマガジン
白黒反転画面(音声環境向け)
装具難民を救え
装具
装具難民を救え
〜社会制度と人口動態からみる現状、我々が今なすべき事とは〜
2015.04.15 西宮協立リハビリテーション病院 リハビリテーション科専門医 勝谷将史
2014年9月6日脳血管障害への下肢装具カンファレンスin仙台(パシフィックサプライ㈱主催)にて基調講演をいただいた西宮協立病院リハビリテーション科専門医 勝谷将史先生に今回の執筆をお願いいたしました。人口動態から見えてくる現状と課題。“装具難民を救え”と題して問いかける私たちのなすべきこと。装具の意義が大きく変わりそうです。
日本の人口動態と高齢化社会

私たちが従事するリハビリテーション医療は社会制度や社会構造の変化に大きく左右されます。特に年少人口、生産年齢人口、老年人口などの人口構成の変化は重要な視点です。世界の人口統計予想では人類は増加の一途を続け現在の70億人から2085年には100億人を突破すると予想されています。特徴的な変化としては、2000年以降世界的な高齢化がすすんでおり2040年には高齢化社会から高齢社会に突入する点です。

では日本の人口動態を考えてみましょう。日本の総人口は、2013年6月1日現在、1億2732万人であり、65歳以上の高齢者人口は、過去最高の3156万人となっています。総人口に占める高齢者の割合(高齢化率)も24.8%と世界1位となり、ほぼ4人に1人は高齢者となっているわけです(図1)。戦後間もない1950年の高齢化率が4.93%、57位であったことを考えると、約60年間で諸外国をしのぐ高齢化が起きたといえます。

現在、日本の人口は2008年をピークに人口は減少局面に突入していますが65歳から75歳の人口の割合は2042年までは増加を続けその後は減少局面に入ると見込まれています。これに対して75歳以上の人口割合は右方上がりに増加を続ける事が予想されています(図2)。

2060年には高齢化率は39.9%となり2.5人に1人は65歳以上、4人に1人が後期高齢者となるわけです。2010年から2025年までの75歳以上の人口増加率を都道府県別にみると1位は埼玉県、2位は千葉県、3位は神奈川県となり、45位には島根県と鹿児島県が、47位は山形県となっています。急速な高齢化は都市部を中心に進みます。後期高齢者が増えることは65歳以上の家族類型別の世帯にも影響します。高齢者の単独世帯、夫婦世帯が増加し世帯数の大きな割合を占めることになるのです。

以上のことからまとめると日本社会の人口動態は

・ 75歳以上の高齢者が増加する
・ 高齢者の単独世帯、夫婦世帯数が増加し大きな割合を占める
・ 急速な高齢化は都市部を中心に進む

これらを踏まえた社会基盤の整備が必要となるのです。

図1 2013年における日本の高齢化率
図1 2013年における日本の高齢化率
図2 日本の人口推移
図2 日本の人口推移
介護保険の推移と生活期の現状

次に介護保険について述べていきます。2000年から始まった介護保険における要介護者の推移ですが開始時218万人であった要介護者は2014年の時点で591万人となっています。また平成25年度国民生活基礎調査によると、介護が必要となった主な原因を調べて診ると脳血管障害が最も多く18%、続いて認知症が16%、高齢による衰弱が13%と続きます(図3)。ちなみに死因別にみた死亡率の年次推移ではこれまでトップ3に入っていた脳卒中は平成24年から第4位となっており、脳卒中の救命率もあがっている事が推測されます。要介護者591万人のうち脳血管障害の割合18%と考えると生活期脳卒中患者は107万人と推定され、これだけの人数が脳卒中による後遺症により要介護状態となっているわけです(図4)。

では生活期脳卒中患者の現状は実際どのようなものなのでしょうか。

・ 介護が優先され、介護保険の枠組みの中でリハビリテーションに十分な時間が割かれていない。
・ 評価が不十分で、機能的あるいは能力的に改善の余地があるにもかかわらず『6ヶ月の壁』を宣告される。
・ 装具に関して病院で十分な説明、教育がされず、また生活期では義肢装具士が直接的に患者に関わることが難しい システムになっているため装具のフォローアップが不十分。
・ かかりつけ医の多くは疾患管理が中心となり、障害の評価、診断にまで手が回らない。
・ CI療法、rTMS、反復促通療法、HANDS療法、ボツリヌス治療など最新の治療について知る機会がほとんど無い。

このような現実が生活期では散見され居住する地域、関わる福祉・医療スタッフなど患者をとりまく環境による個人差が非常に大きいのが現実です。この現状では充分なリハビリテーションが提供されず、処方された装具は耐用年数を越え、下肢の機能変化や形態変化により不適合に、下肢装具の不適合や破損などにより活動レベルの低下を招き廃用に至り、結果的に痙縮も増悪してしまいます。このような背景がまさに装具難民を生み出すことにつながっているのです。

装具難民を定義するとすれば以下のような状態を『装具難民』と定義できるのではないでしょうか。

・ 何らかの機能障害により本来装具が必要な状態だが装具処方の無い状態
・ 処方された装具が耐用年数を越え放置されている状態
・ 装具は処方されているが機能変化により装具が不適合な状態
・ 装具が破損しても放置されている状態
・ 装具に異常がある場合どこに問い合わせていいのか知らない状態
・ 関わる医療・介護・福祉スタッフが装具に関する知識が薄い状態

つまり装具難民を生み出す原因は、治療・情報・システム・教育の問題とも考えられます(図5)。

図3 介護が必要となった主な原因
図3 介護が必要となった主な原因
図4 生活期脳卒中患者数
図4 生活期脳卒中患者数
図5 装具難民を生み出す原因
図5 装具難民を生み出す原因
PDF DOWNLOAD
関連記事
脳血管障害患者へ下肢装具を使う組織的戦略
~生活期まで見据えた連携~
2014.12.15 大垣昌之 愛仁会リハビリテーション病院(理学療法士)
脳血管障害へのカンファレンス2014に参加して
脳血管障害へのカンファレンス2014に参加して
2014.11.01 有限会社平賀義肢製作所代表取締役 見木 太郎
装具療法地域連携による効果  論文紹介
2014.01.01 公益財団法人宮城厚生協会 長町病院 高島 悠次 一般財団法人広南会 広南病院 阿部 浩明
関連リンク
Copyright (C) by Pacific Supply Co.,Ltd. All Rights Reserved. コンテンツの無断使用・転載を禁じます。
パシフィックサプライ株式会社 〒574-0064 大阪府大東市御領1-12-1