バイオニック技術

Bionics(生体工学)はBi(o)(生物)と(electr)onics(電子工学)の合成語であり、生物学的な原理を工学系、とりわけ電子工学系の研究やデザインに適用することを意味する(アメリカ・ヘリテッジ英語辞典2000年)。
オズールによるバイオニック・テクノロジーは切断によって失われた本来の解剖学的な機能を再構築し始めています。私たちの知能構造はセンサー、人工知能とアクチュエータ(駆動装置)を含み、それらが荷重を中和し、振動を軽減し、形態を変えて流動性を高め、自然な動きをつくりだすために、ヒトと同じような方法で反応します。

洗練されたセンサー技術が身体の機械受容器の働きを模倣し、秒間1600回にわたり荷重と角度変化を追跡することにより、人工的な固有受容性感覚(空間内のどこに四肢があるのかという感覚)をもたらします。 特許品である人工知能(AI)がセンサーからの情報を処理し、次のステップでの最も適切な反応を起こします。 人工知能から絶え間なく信号が流れ、それが高精度の駆動装置への命令となり、最良の動作を実現します。力源を伴った動作は人のエネルギーの保存に目覚ましい効果を上げ、必要な反応を起こすことができます。モーターとバッテリーが適切な義肢の機能を作りだし、正確に必要な量の力を提供します。

バイオニック技術

現在、製品について重要なお知らせはございません。



pagetop